高山宏 學魔_nonbot 身内と胎内 『失われた庭』の僕 72~75

身内と胎内 『失われた庭』の僕 72): 長野から東京に出てきた時のために建石氏のマンションに一室、借りているという話だった。あんな世間話で暇をつぶすんじゃなかった、と今は思う。ぼく(ひょっとしてB.C)にとってA.Dである渋澤龍彦が、F.Gにとっては最終的にY.Zとされることは右のような..

身内と胎内 『失われた庭』の僕 73): マニエリスム的寓意解釈(ヒエログリフィカ)に徴してみると、これははっきりした意味を持つ。つまりA….Kのひとつながりの文字列が、抱擁したり共有し合ったり、意味を持ったり(大の矢川ファンの編集人、郡淳一郎君はE.Hの助手J.Kは自分だと言って、右珍説に..

身内と胎内 『失われた庭』の僕 74): 自ら戸惑っていたぼくを喜ばせた。そか、やっぱりね、と)、つまり社会関係を成すひと塊であるのに中間のL…Xをすっとばして、シリーズの終着点(オメガ)たるY.Zなのである。Y.Zは必然として「終り/目的(エンド)」の意味を秘めて、最後に控える光源の位置を占める。

0